mmhmm for Windows でスライドとシーンを含むプレゼンテーションを作成する

何も表示されるものがなかったら、プレゼンテーションとは呼びませんよね。プレゼンテーションではスライドを使うのが一般的ですが、退屈なこともあります。mmhmm を使えば、スライドを使って情報を共有する方法に、楽しさを加えることができます。

目次

スライドの追加方法

スライドは mmhmm 画面下側にあるスライドトレイ上部の「新規スライド」から追加します。

windows_chunky_new_slide.png

mmhmm におけるスライドの種類

mmhmm では複数の種類のスライドを作成できます:

  1. テキスト
  2. プレゼンター
  3. メディア
  4. GIPHY
  5. 画面共有
  6. プレゼンテーションスライド(ファイルのインポート)

テキストスライド

テキストのみを使ってシンプルなスライドを作成しましょう。

テキストスライドの作成方法:

  1. 「新規スライド」ボタンをクリックし、「テキスト」をクリックします。
  2. 表示されたウインドウで「題名」および「本文」フィールドにテキストを入力し、「完了」をクリックします。スライドトレイにテキストスライドが表示されます。

slides.gif

ルームの中には、ルームの雰囲気に合ったデフォルトのスライド設定がされたものもあります。スライドの外観をカスタマイズしたい場合は、スライドトレイ右側の外観モード」のドロップダウンリストをお使いください。リストからお好みのスタイルや色を選択しましょう。

windows_chunky_text_slide_appearance.png

また、シーンを使用して、個別スライドのルームとプレゼンター設定をカスタマイズすることもできます。

プレゼンタースライド

視聴者からの注目を自分に集めたい場合は、このスライドを選択しましょう。mmhmm ステージに表示されるのが、あなただけになります。

メディアスライド

コンピュータからメディアファイルを追加するには、「新規スライド」をクリックして「メディア」を選択します。

コンピュータのファイルを閲覧し、1 つ選んでスライドトレイに追加できるようになります。複数のファイルを同時に追加するには、Ctrl キーを押しながらファイルをクリックしていきます。

また、mmhmm 画面の下部にあるスライドトレイに追加したいファイルをドラッグドロップして追加することもできます。

ビデオのスライドを追加して、会議参加者にそのビデオのオーディオを聞かせたい場合、オーディオ環境で設定を行う必要があります。

GIPHY スライド

プレゼンテーションにアニメーション GIF を追加するには、スライドトレイで「新規スライド」ボタンをクリックし、「GIPHY」を選択してください。キーワードで検索して、お好きな GIF を見つけましょう。GIPHY スライドの詳細と使い方は、こちらをご覧ください

windows_chunky_giphy.png

画面共有スライド

「新規スライド」ボタン > 「画面共有」を選択すると、コンピュータ上の画面を共有できます。スクリーン全体、あるいは共有したい特定のウィンドウなど、共有したい画面を選択してください。iOS デバイスの画面を共有することもできます(モバイルデバイスの画面共有についての詳細は、こちらをクリックしてご覧ください)。

windows_chunky_screenshare_button_labeled.png

その他のご注意:

  • 画面共有スライドは、メニューからの追加が必要です。画像や動画ファイルのようにスライドトレイにドラッグ&ドロップで追加することはできません。
  • 画面共有スライドとして選択されたウィンドウが最小化されると、表示されません。ウィンドウはデスクトップに開いた状態にしてください。
  • Google Doc などの書類を共有する場合、共有したい内容にズームする、テキストサイズを大きくすることでなどで参加者に読みやすくする方法をご検討ください。
  • 画面共有の許可を求めるメッセージが繰り返し表示される場合、お手数ですがコンピュータを再起動してください。

スライドの操作

スライドの表示操作は簡単です:

Blog-WinBeta2_D_670_jpg-2.png

  • 表示モードを変える – スライドトレイの真ん中にある 3 つのボタンで表示モードを変更できます。「フル」またはスペースバーをクリックすることでスライドはフルスクリーン表示になります。ツールバーの「オフ」をクリックしてスライド表示をやめたり、「肩越し」でスライド表示を小さくできます。
  • スライドのサイズ変更肩越しモードの時(上のスクリーンショット参照)、スライド上にマウスポインターを合わせると、スライドの境界線に緑色のハンドルが表示されます。このハンドルをドラッグすることで、高さや幅を変更できます。

    resize_shoulder_slide.gif

  • スライドを進める – トレイに複数のスライドがある場合、キーボードの左右矢印キーを使ってスライドを進めたり前に戻ったりできます。

スライドの順序変更

repositon_slides.gif

スライドの順序を変更する場合、移動させたいスライドをクリックしてから、スライドトレイの移動させたい新しい位置までドラッグし、その場所でマウスボタンを離します(あるいはトラックパッドから手を離します)。

スライドの削除

delete_slide.gif

スライドを削除するには、削除したいスライドで右クリック(あるいはコントロールキーを押しながらマウスボタン・トラックパッドをクリック)してコンテクストメニューを表示し、「スライドを削除」を選択してください。

スライドの削除は、以下のキーボードショートカットでも可能です。

shift_key.png + delete_key.png

シーンの設定方法

different_scenes.gif

自分の映像を真ん中に置きたい時、隅に小さく表示したい時、あるいは、ルームを変更したり、自分の姿を透明にしたいこともあるでしょう。いつでも完璧な状態に自分のプレゼンテーションをコントロールできるよう、スライド毎にルームやプレゼンターの設定を変えることができます。

これを行うには、希望するスライドをクリックし、スライドトレイ上部の「新規シーン」ボタンをクリックします。これにより、スライドの新しいシーンが作成され、このスライドのルームプレゼンターのコントロールを変更することができます。

windows_chunky_new_scene.png

mmhmm で効果的にシーンを使用する方法については、下の動画をご覧ください。

プレゼンテーションスライド - ファイルのインポート方法

mac_new_slide_import_pres.png

作成済みの PowerPoint、Keynote、PDF ファイルを mmhmm にインポートして、mmhmm プレゼンテーションの効果を高めることができます。それらのファイルを mmhmm にインポートしたい場合、「Keynote・PowerPoint・Google Slides のスライドを mmhmm で使うには」をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています