mmhmm アカウントのシングルサインオン(SSO)を設定・管理する

シングルサインオン(SSO)を使用すると、Google または Apple アカウントを使用して mmhmm アカウントを簡単に作成および管理できます。SSO によりアカウントが安全に保たれ、別のパスワードを覚えなくても mmhmm を使用できます。

Google でサインイン

新しい mmhmm アカウントを作成

  1. Web ブラウザで mmhmm の登録ページにアクセスし、「Google で登録」をクリックします。
  2. 次のページで、mmhmm アカウントとして使用する Google アカウントにログインします。
  3. SSO に使用する Google アカウントを選択します。
  4. mmhmm アカウントが自動的に作成され、アカウントのホームページにリダイレクトされます。

既存の mmhmm アカウントで SSO を有効にする

  1. Web ブラウザで mmhmm の登録ページにアクセスし、「Google で登録」をクリックします。
  2. Google アカウントのうち、既存の mmhmm アカウントに使用しているメールアドレスと一致するアカウントを選択します。
    Google アカウントがこのリストに表示されない場合は、「別のアカウントを使用する」をクリックして、該当 Google アカウントにログインします。
    注:Google のメールアドレスが mmhmm アカウントに関連付けられたメールアドレスと一致しない場合は、代わりに新しい mmhmm アカウントが作成されます。
  3. この操作により mmhmm アカウントの Google SSO が有効化されます。

Apple でサインイン

新しい mmhmm アカウントを作成

  1. Web ブラウザで mmhmm の登録ページにアクセスし、「Apple で登録」をクリックします。
  2. Apple ID にログインします。
  3. 「メール」で「メールを共有」または「メールを非公開」を選択します。この選択により、Apple ID のメールアドレスが mmhmm に「共有」されるか、「非公開」になります。
  4. 「続ける」をクリックします。「メールを非公開」を選択した場合、Apple は mmhmm で使用するランダムなメールアドレスを作成します。

    share_or_hide_apple_email_.png

  5. mmhmm アカウントが作成され、アカウントのホームページにリダイレクトされます。

「メールを非公開」を選択した場合

Apple ID を使用して mmhmm アカウントを作成する場合、Apple ID のメールアドレスを mmhmm に「共有」か「非公開」にするかを選択できます。

メールアドレスを非公開にすると Apple がランダムなメールアドレスを生成し、そのアドレスが mmhmm アカウントに関連付けられます。通常の Apple ID で SSO を使用して mmhmm にサインインできますが、このランダムなメールアドレスを他のユーザーと共有しない限り、通話への招待動画共有通知をメールで受け取ることはできません。

mmhmm アカウントに関連付けられているメールアドレスを確認するには:

  1. Web ブラウザで ooo.mmhmm.app/account にアクセスして、ログインします。
  2. お名前の横に、メールアドレスが表示されます。このメールアドレスは、mmhmm アカウントの作成時に「メールを非公開」を選択した際に、Apple が生成したランダムなメールアドレスです。

mmhmm accounts page private relay apple id.png

このメールアドレスを mmhmm で共同作業をするユーザーと共有します。他の mmhmm ユーザーがあなたを通話に招待したり、動画を共有したりする場合は、このメールアドレスに招待状を送る必要があります。

既存の mmhmm アカウントで SSO を有効にする

  1. Web ブラウザで mmhmm の登録ページにアクセスし、「Apple で登録」をクリックします。
  2. Apple ID にログインします。Apple ID のメールアドレスが mmhmm アカウントに関連付けられたメールアドレスと一致する場合、SSO が有効化されます。
    注:Apple のメールアドレスが mmhmm アカウントに関連付けられたメールアドレスと一致しない場合は、代わりに新しい mmhmm アカウントが作成されます。
  3. これで mmhmm アカウントにログインでき、次回以降のログインでは Apple SSO を使用するように設定されます。

mmhmm(チーム向け)組織アカウントの SSO を有効にする

mmhmm(チーム向け)アカウントをお持ちの場合は、SSO を有効にして、チームメンバーが Google や Apple などで mmhmm を使用することを設定できます。

注:mmhmm(チーム向け)アカウントの SSO を管理するには、mmhmm(チーム向け)管理者または所有者である必要があります。
  1. Web ブラウザで 「mmhmm 認証設定」ページにアクセスして、ログインします。
  2. 「シングルサインオン」で、「メンバー全員に SSO の使用を必須にする」をオンにします。
  3. SSO オプションを選択します。
  4. 「保存」をクリックします。チームの全員に対して SSO が有効になり、従来のパスワードではログインできなくなります。

mmhmm accounts page enable teams sso.png

    今後チームメンバーが mmhmm にログインする際は、SSO を使用してログインするよう要求されます。

    既存のアカウントで SSO を無効にする

    注:SSO が有効の mmhmm(チーム向け)メンバーアカウントをお使いの場合、SSO をオフにすることはできません。
    1. Web ブラウザで「mmhmm に接続中のアプリ」ページにアクセスして、ログインします。
    2. 接続した SSO アカウントの横に表示される「切断」ボタンをクリックします。

      mmhmm_accounts_page_turn_off_sso.png

    3. SSO を無効にするには、改めてパスワードの設定が必要であることを知らせるメッセージが表示されます。「続ける」をクリックします。
    4. mmhmm アカウントがサインアウトされ、パスワードのリセットメールが届きます。
    5. メールにある「パスワードをリセット」リンクをクリックして、パスワードを再設定します。
    6. 今後は、メールアドレスとパスワードを使用して mmhmm にログインしてください。
    注:「Apple で登録」で mmhmm アカウント作成中にメールを非公開にした場合は、SSO を無効にした後に、生成されたランダムなメールアドレスを使用してサインインする必要があります。

    ご質問に対する回答が見つかりませんか?技術的な問題がある場合、また、このマニュアルに追加したい内容の提案がある場合は、サポートリクエストを送信するか、help@mmhmm.app までメールでお問い合わせください。

    この記事は役に立ちましたか?

    We use your feedback to improve our help content — thank you!