mmhmm for Windows ベータ版 クイックスタートガイド

ようこそ mmhmm へ!

mmhmm for Windows ベータ版はすべてのテスターのみなさまにご試用いただけるようになりました。まだダウンロードされていない方は、こちらからダウンロードしてください。

上記の通り、このソフトウェアはベータ版で、Mac 版にある機能が現段階で実装されていない場合があります。今後これらの機能は追加していきますので、もう少しお待ちください。また、このガイドも機能追加に合わせて更新していきます。

アプリの不具合を発見した場合、help@mmhmm.app にご連絡ください。みなさまのご協力に感謝いたします!不具合へのサポートが必要である場合も、同じメールアドレスにお問い合わせください。できる限り早い段階にご回答できるよう、努力いたします。

mmhmm for Windows ベータ版は、現在ベータテスト中につき、すべての機能を無料でお使いいただけます。mmhmm Premium や mmhmm Business にしていただいても、追加機能がお使いいただけるわけではありませんので、ご注意ください。

初めてお使いになる方のために、使い方を簡単にご紹介します。

 

mmhmm for Windows ベータ基本画面

win-ui_overview-jp.png

ベータ版では新機能が随時追加されていきます!

 

最適な映像のために

mmhmm は、グリーンバックスクリーン(あるいはその他の単色のバックスクリーン)をお使いになるとより快適にお使いいただけます。もしグリーンバックスクリーンを背景にお使いの場合、Camera(カメラ)ボタンをクリックし、「I have a green screen(グリーンスクリーン使用)」のチェックボックスをチェックした上、しきい値スライダで最適な見え方を調整してください。グリーンバックスクリーンの範囲が狭い場合、背景が入ってしまわないようにカメラのズームをズームスライダーを使って調整できます。

 

win-camera_menu.png

 

物理的なグリーンバックスクリーンがなくても大丈夫です。mmhmm 画面右側に表示されるプレゼンターパネルで、「Silhouette(輪郭)」「Rectangle(四角形)」「Round(円形)」フレームを選択して映り方の違いを確認してください。バーチャルグリーンスクリーンでも正確に輪郭を検出できますが、この性能については今後も改善を続けます。

 

あなたの映像を動かす、大きさを変える、ゴースト化する

mmhmm のメインウィンドウ(ステージと呼びます)で、ご自身の画像をクリックしてから、ドラッグして動かすことができます。また、透明度を変更することもできます

この変更や、その他の楽しい効果が mmhmm 画面右側の「Presenter(プレゼンター)」パネルの「Effects(効果)」で設定できます。例えば自身の画像を半透明にして、スターウォーズの青いホログラム風にするのはいかがでしょう。

Windows_beta__1_.png

様々な設定を試した後に元に戻したくなったら、「Presenter(プレゼンター)」パネルで「Reset(リセット)」をクリックしてください。あるいはショートカット(⌘(コマンド)+ R)でもリセットできます。 

 

ルームを設定する

mmhmm 画面右側の Rooms(ルーム)パネルを使って、気になる背景を選択してみてください。また、+ More Rooms をクリックすると、たくさんのルームからお好きなものを選択できます。

Windows-beta2-rooms.png

白い再生ボタンが表示されたルームはダイナミックルームです。美しいアニメーションの背景で、アルゴリズムによりリアルタイムで生成されています。あなたの好みに合わせて色や速度などをカスタマイズ可能で、動画の背景よりもはるかに小さい CPU パワーで動作します。

また、お気に入りの画像をアップロードしてカスタマイズルームを作ることもできます。Rooms panel > More rooms> Add your own > Add Room で、お好きなファイルをハードドライブから選択してください。

 

スライドを表示する

ステージの下にあるスライドトレイは、スライドを置く場所です。PowerPoint、Keynote、PDF ファイルをインポートできるようになりました。インポートするには、File > Import File を選択し、取り込みたいファイルを選択してください。インポートされたスライドは mmhmm プレゼンテーションに変換され、mmhmm 上でスライドを追加・削除できます。

画像や動画をスライドトレイにドラッグ&ドロップすることで追加できるほか、トレイの左上にある「New Slides(新しいスライド)」ボタンをクリックして、メディアや共有したいウィンドウを追加することもできます。(ウィンドウ共有をする場合、ウィンドウのサイズを変更すると mmhmm 上での表示が変わりますのでお試しください。)

 

ビデオ会議に参加する、あるいは、あなたの映像をストリーミングする

映像を流す準備ができたら、Zoom や Google Meet などのビデオ会議アプリ、あるいは、ストリーミングアプリのビデオ入力ソースを「mmhmm Camera」に切り替えましょう。

なお、Zoom で mmhmm をお使いいただく場合、バージョン 5.1.2 以降が必要です。アップデートの必要がある場合、アップデートをインストールし、アプリを再起動した上で、mmhmm Camera を選択してください。Google Meet でお使いいただく場合は、Chrome か Firefox でお使いください。mmhmm をインストールした後、ブラウザを終了して、再起動してください。

06_Meet.jpg

06_Zoom.png

画面の左右が反転してしまう

Zoom や Google Meet で自身の映像が左右反転して見えるかもしれませんが、会議参加者には正しい状態の映像が送られています。これは、多くのビデオ会議ソフトが持つ「機能」で、鏡で自分の姿を見たときのように感じられるよう、ご自分の画像は左右を反転した状態で表示します。自身の映像で表示された文字を読むのは難しいかもしれませんが、指でスライドを指し示したりする際にはより自然に感じます。

一方、mmhmm では左右を反転していない画像を表示しており、会議参加者が見るのと同じ状態の画像をご確認いただけます。

なお、Zoom ではこの機能をオフにすることもできます。「Zoom.us」メニュー > 設定…を選択し、「ビデオ」を選択し、「マイビデオをミラーリングします」のチェックボックスを外してください。 

 

フィードバックをお願いします

ここには書かれていない他の機能もあります。mmhmm  をお使いいただき、要望や改善点がありましたら、ぜひお聞かせください。バグ・問題点のご報告は help@mmhmm.app へ、機能リクエストなどは iwant@mmhmm.app にメールにてお寄せください。みなさんのご意見をお待ちしております。mmhmm がみなさんにとって「fuseful」でありますように。(これは私たちの非公式のモットーで、楽しい(fun)と便利(useful)を組み合わせた造語です。Biz Stone のアイデアをお借りしました。)

 

ありがとうごさいます!

 

この記事は役に立ちましたか?
115人中112人がこの記事が役に立ったと言っています