あなたが主役。

みなさん、こんにちは。このページをご覧になっているということは、みなさんも私たちと同様、ビデオ会議に多くの時間を割いているのではないでしょうか。私たちは mmhmm でこのビデオコミュニケーションの世界をもっと楽しく、お互いに興味を持ち続けられるものにしたいと思っています。分かりやすく、注目せずにはいられないビデオコミュニケーションは誰にとっても簡単に可能であるべきです。

この文書はユーザーマニュアルとして用意しました。すべてお読みになるのもよいですが、以下の目次を使って必要な部分だけをお読みになることもできます。

技術的な問題がある場合、また、このマニュアルに追加したい内容の提案がある場合、help@mmhmm.app にメールをお寄せください。

目次

 

用語集

  • アンカー – プレゼンター映像の大きさを変更する際、縮小・拡大の軸となるコーナーです。 画面の 4 隅のうち一つを選択できます。
  • インタラクティブレコーディング – mmhmm 独自の録画方法で、視聴者に高度なインタラクティブ性を提供します。この録画は、ローカルに保存されるのではなく、mmhmm クラウドにアップロードされますので、様々な効果を適用したり、録画 URL を視聴者と簡単に共有することができます。  
  • 効果 – プレゼンター映像やステージにフィルターを追加することで、ステージに楽しい効果を与えられます。
  • コパイロット – 共同プレゼンターとの作業をより便利にする mmhmm の機能。コパイロットは「副操縦士」という意味です。コパイロットの使い方はこちら
  • しきい値 – この設定で、あなたの輪郭とグリーンスクリーンの間のエッジ検出を制御します。
  • 透かし 所有者または作成に使用したツールの名前などを示す識別用ロゴ、署名、またはデザイン。mmhmm を使ったプレゼンテーションでは、mmhmm のロゴ透かしが表示されます。お好みであれば、「ルーム」メニューからオフにすることもできます。
  • ステージ – 選択したルーム、スライド、プレゼンター映像を組み合わせたもので、mmhmm のメイン画面です。会議参加者が見ているのはこの映像です。 
  • スライド – プレゼンテーション中に表示する情報で、話している内容の理解を深めるために使います。サポートするメディアには、画像、動画、画面共有、オーディオなどがあります。スライドの詳細はこちら
  • テーマルーム – あなたの映像やスライドの位置や使用される効果があらかじめ設定されたルーム。例えば「月」ルームの場合、あなたの顔の映像が円形フレームに入り、月の場所に設置され、月の色にマッチしたカラー化の効果が適用されます。
  • 透明度 mmhmmでは、プレゼンター映像を背景が透けない普通の状態から、半透明、そして完全に透明にして消すこともできます。プレゼンター映像を透明化することにより、視聴者がスライドに集中しやすくなります。 
  • バーチャルカメラ – ソフトウェアカメラです。ウェブカメラから入力される映像と mmhmm の視覚効果を組み合わせて、新しい「バーチャル」な出力を作成します。mmhmm バーチャルカメラは、他のカメラと同様に、ビデオ会議アプリケーションで選択することができます。カメラを接続する方法はこちら。
  • バーチャルマイク – ソフトウェアマイクロフォンとも言えます。mmhmm マイクを「バーチャルマイク」と呼んでいますが、これはハードウェアマイクから入力される音声と、スライドに含まれる音声を組み合わせて、ビデオ会議アプリケーションに送信するためです。 
  • ビッグハンド - mmhmm for Mac の機能で、あなたの手を使って映像上にサムアップ、ハートマークなどの絵文字でリアクションを表示する機能です。使えるリアクションはこちらをご覧ください。
  • フレーム – mmhmm に接続されたカメラに適用され、プレゼンターの頭と体の一部だけが見えるようにする効果。mmhmm では、いくつかのフレームオプションが用意されており、顔部分の映像だけを表示するために便利なほか、「フル」を選択することで実際の部屋を背景として使うことができます。
  • ポインター – バーチャルレーザーポインターで、スライドの中で見て欲しい部分に注意を引くことができます。
  • ルーム – mmhmm プレゼンテーションの背景のこと。mmhmm では静止画や動画を背景にすることができます。ルームの詳細はこちら
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています