2. あなたの映像を調整

 

あなたが主役。

みなさん、こんにちは。このページをご覧になっているということは、みなさんも私たちと同様、ビデオ会議に多くの時間を割いているのではないでしょうか。私たちは mmhmm でこのビデオコミュニケーションの世界をもっと楽しく、お互いに興味を持ち続けられるものにしたいと思っています。分かりやすく、注目せずにはいられないビデオコミュニケーションは誰にとっても簡単に可能であるべきです。

この文書はユーザーマニュアルとして用意しました。すべてお読みになるのもよいですが、以下の目次を使って必要な部分だけをお読みになることもできます。

技術的な問題がある場合、また、このマニュアルに追加したい内容の提案がある場合、help@mmhmm.app にメールをお寄せください。

目次

 

あなたの映像を調整

mmhmm 画面の右側にはプレゼンターパネルがあります。あなたがビデオ会議参加者にどのように見えるかを調整できます。

(日本語字幕をオンにしてご覧ください)

mmhmm for Mac

Effects.png

mmhmm for Windows win-effects.png

プレゼンターの透明度

このスライダーで、ステージ上に表示されるプレゼンター(あなた)の映像の透明度を調整できます。例えばスライド上にあなたの映像が表示されてスライド内容が見えない場合、あなたの映像を半透明にしてみましょう。また、完全に透明になって、ビデオ会議参加者の意識をスライド内容に向けるようにすることもできます。 

プレゼンターの大きさ

このスライダーで、ステージ上に表示されるプレゼンター(あなた)の映像の大きさを調整できます。アンカーボタンと一緒に使うと、プレゼンターの大きさを調整する際に 4 つの隅のうちどのコーナーに対して縮小・拡大するかを決められます。 

フレーム

フレームには 3 つのオプションがあります。

輪郭 - このオプションではフレームはありません。あなたの輪郭を切り取って表示します。グリーンスクリーンのあるなしに関わらず、背景を隠すことができます。

フルフレーム - 長方形のフレームオプションです。4 辺を調整することができ、お好きなように切り取れます。バーチャル背景を使わず、実際の部屋の背景を表示したい時にもお使いいただけるオプションです。

円形枠 - 円形のフレームオプションです。

この効果はカメラに適用され、ステージ上で頭と体の一部だけが表示されるようになります。デフォルトではプレゼンターを表示しますが、円形やフル(四角形)のフレームを選択して見える範囲を制限して頭部分に焦点を当てることもできます。円形やフルを選択した場合、初期設定ではあなたの顔を追跡して表示します。顔追跡をしたくない場合は、「追跡する」のチェックボックスからチェックを外してください。

効果

効果を活用して、あなたの映像、あるいはステージ全体に楽しいフィルターを追加しましょう。雨を選択して濡れた雰囲気を出したり、カラー化して顔の印象を変えたり。色々な効果をお試しください。

効果の設定を調整するには、フィルターの名前の横に表示される歯車のアイコンをクリックしてください。スライダーを動かして設定を調整できます。

不在ボタン

ビデオ会議中に席を外す必要がある場合、「不在」ボタンを押して、他のビデオ会議出席者に、現在不在ですがすぐに戻ってくることをお知らせください。 

(この機能は Windows 版では将来的に追加される予定です)

レーザーポインター

ポインター」ボタンをクリックしてからマウスを動かすと、マウスポインターの軌跡が表示され、スライドの特定の領域に注意を引くことができます。マウスボタンを押したままポインターを動かすと、軌跡が線として表示されたままになります。ポインター横の矢印をクリックすると、レーザーの色を選択できます。「ポインター」ボタンを再度クリックするとオフになります。

(この機能は Windows 版では将来的に追加される予定です)

この記事は役に立ちましたか?
34人中27人がこの記事が役に立ったと言っています