Zoom や Meet で他の参加者に見せているスライドがぼやけるのはなぜですか

これまで多くのみなさまからこの問題についてのご質問をいただいています。この記事では、なぜこのようなことが起こるのか、そして可能な限り一番良い状態でスライドを共有する方法についてご説明します。

この記事は誰にとって有益なものか?

この方法はすべての人に必要というわけではありません。小さい文字や、詳細を見て欲しい内容を含むスライドを共有する際に必要となる可能性があります。

原因は?

ビデオ会議プラットフォームでは、参加者の帯域幅に基づき、会議が最適な状態で行えるよう調整を行っています。ある参加者の帯域が狭くなったり、不安定になったことを検知した場合、会議をスムーズに継続することを優先するため、ビデオ映像の質を落とします。

通常はこれでも問題ありません。話をしている参加者の映像が若干悪くなっても、話している内容は聞きとることができるからです。一方、mmhmm ではプレゼンター映像とスライドを合わせたものを参加者の映像として使用していますので、ビデオ映像の質が悪くなるとスライドも読みにくくなってしまいます。

対処方法

会議参加者が画面を共有する場合、ビデオ会議プラットフォームは共有画面の質をできるだけ高い状態で送信しようとします。この性質を利用して、mmhmm には、mmhmm のステージのみを画面共有できる機能があります。以前は mmhmm を画面共有すると mmhmm のインターフェース部分も映り込んでしまいましたが、現在は不要な部分を切り取ったステージのみ(あなたとスライドの映像のみ)が共有できます。

ステップ:

  1. mmhmm を起動し、デスクトップに開いた状態にする。最小化した状態では画面共有できません。
  2. Zoom では「画面を共有」をクリックする。Google Meet では「画面を共有」をクリックしてから「画面を共有する > ウィンドウ」を選択する。
  3. ウィンドウのリストから、mmhmm のステージ(「mmhmm - SHARE THIS」と表示されています)を選択し、共有する。

映像の質は帯域によって影響を受けますが、この方法をとった場合には状況の中で一番良い状態で mmhmm ステージ映像を共有できます。

この記事は役に立ちましたか?
9人中7人がこの記事が役に立ったと言っています