グリーンバックスクリーンを最大限に活用する

mmhmm を使用するためにグリーンスクリーンは必要ありませんが、グリーンスクリーンを使用することで、スクリーン上での自分の映像の見せ方を柔軟にコントロールできる選択肢が増えます。 

(日本語字幕をオンにしてご覧ください)

mmhmm でグリーンスクリーンを使い始める際の手順とスクリーン上の映像の質を向上するためのヒントをご紹介します。

Camera_menu.png

設定方法

1. カメラ > 「グリーンスクリーン使用」をチェックして、あなたのバックスクリーンの色に近いもの(緑または青)を選びます。また、クロマキーピッカーを使って、正確なバックスクリーン色を選択することもできます。

mmhmm for Windows ベータ版では、お持ちのグリーンスクリーンに最も近い色を選び、しきい値を調整してください。 

 

​​Camera_menu-cropped_2x.png

2.しきい値により感度を変更し、暗いエリアと明るいエリアの認識を調整できます。しきい値スライダーを操作して、お使いのバックスクリーンの色調に合うように調整してください。よりきれいに切り抜きができるよう、上下の範囲を試してみてください。 

image__2_.png

 

照明を調整する

mmhmm は、通常、あなたの部屋にすでにある光源で十分な光量を得られるはずですが、顔を他の光源で照らすことはあなたの映像をより良いものにする助けとなります。

基本、スタジオにおけるライティングの考え方を mmhmm にも応用できます。いくつか準備のヒントをご紹介します。

  • 理想的なスタジオライティングでは、強い影が出ないよう、対象に対して、複数の角度から柔らかい光を当てます。
  • 典型的な 3 点照明では、主光源(キーライト)を対象の片側に対して斜めの角度がつくよう設置します。2 つ目の柔らかめの光源はフィルライトと呼ばれ、対象に対してキーライトの反対側に設置し、キーライトでできる影を和らげます。キーライトとフィルライトの強さの差が大きければ大きいほど、影が強く出ます。

ThreePointLighitng.png

  • 3 つ目の光源は、対象の髪や肩を背景から際立たせるために設置されます。対象の輪郭をはっきりさせ、背景やグリーンバックスクリーンからより浮かび上がらせる効果があります。
  • 光を和らげるため、光源に布などを被せます。光源の表面積を大きくすることで、光が柔らかくなり、質感が生まれます。この効果を得るため、スタジオの光源はソフトボックスの中に設置されたり、銀色のコーティングをされた傘の反射光や、白や透明の傘を透過させた光を使ったりします。

SoftboxUmbrella.jpg

プロが使うスタジオ機材がなくても、この考え方は有効です。自然光と人工的な光源を組み合わせて、こうした環境に似た形を作り上げましょう。本のカバーにデスクライトの光を反射させるといった単純な方法でも、映像の質を格段に改善することができます。

 

肩や髪の毛に緑のアウトラインが見えるのですが、どうしたらいいでしょうか?

これは「グリーンスクリーンスピル(回り込み)」と呼ばれる現象で、以下の方法で軽減することができます。

  • 安定した拡散反射させた明るい光を自分自身に当てる。(グリーンスクリーンへの光を弱め、対象への光を強め、コントラストを強める。)
  • クロマキーを調整する(カメラ > 「グリーンスクリーン使用」をチェックして、あなたのバックスクリーンの色に近い色、あるいは、クロマキーピッカーで正確なバックスクリーン色を選択します。)
  • ライティングを調整しながら、しきい値を調整する(しきい値の調整方法は上記の通り。)
  • カメラメニューのズームを使い、映像から必要な部分のみを抜き取る。
この記事は役に立ちましたか?
38人中27人がこの記事が役に立ったと言っています