mmhmm で問題が発生しました(カラフルな縦縞の背景)

「mmhmm で問題が発生しました。ビデオ会議アプリ上でカラーバーの静止画が表示されている場合、バーチャルカメラが正しく機能していません。」というエラーメッセージが表示されることがあります。

mmhmm_color_bar_popup.png

Google Meet や Zoom などのビデオ会議アプリ上で、あなたの映像ではなく縦縞のテストパターン画面が表示される場合、mmhmm はお使いのビデオ会議アプリとのコミュニケーションができていない状態です。

colorful_striped_background.png

macOS Ventura(13.0 以降)

この問題を解決するには、以下の手順を実行してください。

  1. まず、Mac の「システム環境設定」アプリに移動します。  
  2. 「システム環境設定」で、左側メニューの「一般」をクリックし、次に「ログイン項目」をクリックします。「システム環境設定」アプリが以下のスクリーンショットのように表示されない場合は、こちらの手順に従ってください。

    system_preferences_login_items.png

  3. 項目リストをスクロールして、スライダーをクリックして mmhmm inc 背景ヘルパーを有効にします。

    mmhmm_background_helper_enable.png

  4. mmhmm を再起動します。

古いバージョンの macOS(12.6.2 以前)

old_macos_system_preferences_.png

システム環境設定ウィンドウが上のスクリーンショットのようになっている場合は、古いバージョンの macOS を使用しているため、次の手順を実行する必要があります。

  1. お使いのビデオ会議アプリ(Zoom など)を終了します。また、ブラウザでビデオ会議をされている場合(Google Meet など)はブラウザを終了します。
  2. mmhmm を終了します。
  3. 会議アプリ、または、ブラウザを開きます。
  4. mmhmm を開きます。

上記を試してもこの問題が解決しない場合、「アクティビティモニタ」アプリを起動し、ウィンドウ右上の検索ボックスで mmhmm を検索してください。

「mmhmm Studio」「mmhmmAssistant」の 2 つのプロセスが実行中であることが確認できるはずです。

mmhmm_activity_monitor.png

mmhmmAssistant が実行されていない場合、以下の内容を「ターミナル」アプリにペーストして、キーボードのリターンキーを押すことで起動することができます。

zsh

次に、「ターミナル」アプリに次の内容をペーストしてから、キーボードのリターンキーを押します。

launchctl load -w /Library/LaunchAgents/app.mmhmm.Camera.Assistant.plist
launchctl start app.mmhmm.Camera.Assistant

SCR-20220907-slw.png

上記のコマンドを実行後、「ターミナル」アプリを終了してください。その後、mmhmm を使いたいアプリ(Zoom などのビデオ会議アプリ、またはブラウザ)を開き、mmhmm カメラが入力ソースとして見つかるか確認してください。

 

技術的な問題がある場合、またはこのマニュアルの内容についてご提案がございましたら、ここをクリックしてサポートリクエストを送信するか、help@mmhmm.app にメールをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
43人中7人がこの記事が役に立ったと言っています