mmhmm へようこそ!mmhmm は、ビデオ会議でのプレゼンテーションでも、録画したコンテンツを共有したいときでも、ビデオを使ったコミュニケーションをより良いものにするお手伝いをします。

mmhmm は誰でも簡単にアクセスできる日常的なツールです。ビデオの作成は、テキストメッセージを送るくらい簡単で、チャットのように素早く、また、休憩時間のやりとりのように親しみやすくあるべきです。そこで私たちは、現代の働き方における最高のコミュニケーションツールとなる mmhmm を作り上げました。

mmhmm for Mac と mmhmm for Windows では、インターフェースや機能に若干の違いがあります。両バージョンに新機能を追加していく予定ですが、現在 Mac でしか利用できない機能についても触れていますので、ご了承ください。

目次

mmhmm を開く

mmhmm を起動してみましょう。通話の開始や動画の録画、チュートリアル動画の視聴、mmhmm デスクトップアプリの起動もここからできます。デスクトップ版の mmhmm をまだお持ちでない場合は、「ダウンロード」をクリックするか、 ダウンロードページにアクセスすることでアプリをダウンロードできます。

mmhmm_for_web_homepage.png

ルームを選択


最も効果が高まる背景(ルーム)を選択してプレゼンテーションの雰囲気を決めましょう。ルームを選択できる
「ルーム」パネルには、ルームカタログのリストが一部表示されます。ルームの詳細については、ルーム(または背景)を調整をお読みください。

実際の部屋を背景として見せたい場合は、この後のセクションでご説明します。

見た目を設定


リアルな舞台で行われるプレゼンでは、登壇者を一番良く見える状態にするため、空間、照明、特殊効果を駆使します。mmhmm では、
プレゼンターパネルを使って自分の姿を変えることができます。

「プレゼンター」パネルでは、実際の部屋を背景にする機能や、効果メニューのフィルタを適用して見た目を楽しくする機能、席を外す時に「不在」と表示する機能などを利用できます。 

⚠️ご注意:不在ボタンは、マイクをオフにすることはできませんので、ご注意ください。

mmhmm for Mac では、ビッグハンド(macOS Big Sur 以降でのみ利用可能)を使用したジェスチャーによるコミュニケーションが可能です。手を振ったり、親指を立てたり、ピースサインをしたり、ハートを作ったりしてみてください

詳しくは、あなたの映像を調整をご覧ください。

コンテンツを追加


mmhmm のスライドでは、様々なコンテンツをお使いいただけます:

  • テキスト
  • 画像
  • 動画
  • 画面共有
  • 接続されたデバイス
  • PowerPoint・Keynote・PDF などのプレゼンテーション
  • GIPHY

プレゼンテーションにコンテンツを追加するには、スライドトレイ左側にある「新規スライド」ボタンをクリックしてから、共有したいスライドタイプをクリックします。
スライドの詳しい使用方法については、ここをクリックしてご覧ください。

ビデオアプリに接続


mmhmm は、ほぼすべてのビデオ会議アプリに対応しています。mmhmm は Zoom や Google Meet と一緒に使われることが多いですが、Slack、Cisco Webex、Microsoft Teams などでもお使いいただけます。(完全なリストは、
mmhmm と互換性のあるプラットフォームを教えてくださいをご覧ください。)設定方法はプラットフォーム毎に若干異なりますが、すべて似た手順です。

お使いのビデオ会議アプリと接続するには:

  1. mmhmm を開く
  2. ビデオ会議アプリを起動する
  3. ビデオ会議アプリで、カメラ入力ソースとして mmhmm Camera を選択する

進んだ使い方

mmhmm でプレゼンができるようになりましたね!ステップごとのガイドを見るには、mmhmm for Mac および Windows のユーザーマニュアルをご覧ください。

さらに詳しく知りたいという方のために、最も人気の機能とその使い方のいくつかをご紹介します:

 

技術的な問題がある場合、また、このマニュアルに追加したい内容の提案がある場合、help@mmhmm.app にメールをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
2828人中2740人がこの記事が役に立ったと言っています