Google Meet やその他のブラウザベースアプリで mmhmm を使うには

mmhmm は Chrome あるいは Firefox で使える多くのウェブベースのアプリでお使いいただけます。mmhmm をインストール後、mmhmm Camera をビデオの入力ソースとして認識するためには、一旦ブラウザを終了し、再起動する必要があります。

このドキュメントは、Microsoft Teams のように Web 版アプリとして互換性のあるアプリにも対応した内容です。

mmhmm Camera を選択するには

  1. mmhmm を起動する
  2. Chrome または Firefox で、Meet などのミーティングに接続する
  3. ミーティングに接続する前のセットアップ画面で、「設定」をクリックする
  4. 「動画」をクリックする(送信時・受信時の解像度を高解像度(720p)を選択することをおすすめします)
  5. カメラで「mmhmm Camera」を選択する

Video_Settings___Meet.png

    6.「完了」をクリックし、ミーティングに参加します

Screen_Shot_2020-09-29_at_3.35.33_PM.png

高画質のスライドを共有したい場合

文字などが多く入ったスライドを他のビデオ会議参加者に高画質で共有したい場合、ビデオ会議アプリの「画面を共有」機能をお使いになることをおすすめします。この方法では、参加者に対してあなたの画像が自動的にスポットライトビューで表示され、よりスムーズなプレゼンのために優先的に帯域幅を確保できます。

  1. mmhmm を起動し、「ウィンドウメニュ」ー > 「ブロードキャスト」ウィンドウを開きます。この操作により、ステージのみが表示されたウィンドウが開きます。
  2. Zoom では「画面を共有」をクリックする。Google Meet では「画面を共有」をクリックしてから「画面を共有する > ウィンドウ」を選択します。
  3. ウィンドウのリストから、mmhmm のブロードキャストウィンドウを選択し、共有。
  4. ブロードキャストウィンドウをデスクトップ上でできるだけ大きく表示してください。 タイトルバーをダブルクリックすれば、フルスクリーンにすることなく、ウィンドウを最大化できます。

この操作により、会議参加者はあなたの mmhmm ステージをスピーカービューで見ることになり、最適化された状態でプレゼンテーションを共有できます。映像の質は常に帯域によって影響を受けますが、この方法をとった場合には不鮮明なスライドの問題がより起こりにくくなります。

 

Safari や Mac プリインストールアプリでのご注意

macOS のセキュリティ制限により、現在、mmhmm は Safari やPhotobooth のようなプリインストールアプリで使うことはできません。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
65人中40人がこの記事が役に立ったと言っています