mmhmm でキーボードショートカットやジェスチャを使う

mmhmm でお使いいただけるショートカットキーとジェスチャをご紹介します。活用して mmhmm マスターになりましょう!

mmhmm for Mac

キーボードショートカット

  • ,(カンマ)でスライドビューの「オフ」と「肩越し」を切り替え
  • .(ピリオド)でスライドビューの「肩越し」と「フル」を切り替え
  •  /(フォワードスラッシュ)でプレゼンター映像のオンとオフを切り替え
  • A(英数字の a)で 「不在」のオンとオフを切り替え
  • P(英数字の p)でレーザーポインターのオンとオフを切り替え
  • G(英数字の g)でビッグハンドのオンとオフを切り替え
  • 左右の矢印キーでスライドの前後を切り替え
  • ⌘(コマンド)+  delete で選択したスライドを削除
  • ⌘(コマンド)+ R であなたの画像を初期状態にリセットできます。
  • ⌘(コマンド)+ 1 から ⌘(コマンド)+ 0 までで、はじめの 10 ルームが簡単に切り替えられます。ショートカットでアクセスできるルームを変更する方法はこちらをご覧ください
  • ⌘(コマンド)+ . (ピリオド)で進行中の録画を停止
  • ⌘(コマンド)+ 上矢印)でプレゼンターのサイズを 20% 増加
  • ⌘(コマンド)+ ↓(下矢印)でプレゼンターのサイズを 20% 減少
  • ⌘(コマンド)+ ←(左矢印)でプレゼンターのアンカーを左下に変更
  • ⌘(コマンド)+ →(右矢印)でプレゼンターのアンカーを右下に変更
  • ⌘(コマンド)+ ⌥(オプション)+ ←(左矢印) でプレゼンターのアンカーを左上に変更
  • ⌘(コマンド)+ ⌥(オプション)+ →(右矢印)でプレゼンターのアンカーを右上に変更
  • ^(コントロール)+ ⇥ (タブ)で次のプレゼンテーションタブへ移動
  • ^(コントロール)+ ⇧ (シフト)+ ⇥(タブ)(control + shift + tab) で前のプレゼンテーションタブへ移動

インタラクティブレコーディングでのキーボードショートカット

 

  • スペースで再生・一時停止
  • →(右矢印)で早送り
  • (左矢印)で早戻し
  • M(英数字の m)で消音
  • ⇧(シフト)+ (右矢印)で次のスライド
  • ⇧(シフト)+ ←(左矢印)で前のスライド
  • ⇧(シフト)+ S(英数字の s)でスライドのみ表示との切り替え

トラックパッドショートカット

  • あなたの画像をドラッグすることでステージ内を動き回ることができます
  • トラックパッドのピンチイン・アウト動作であなたの画像を小さくしたり大きくしたりできます
  • トラックパッドで 2 本指で上下にスクロールすることで、あなたの画像の透明度を変更
  • レーザーポインター使用時に、トラックパッドをクリックしてそのまま押し続けると、カーソルの軌跡が消えずに残り、レーザーで線を描くことができます

マジックマウスショートカット

  • 1 本指のスクロールであなたの画像の透明度を変更
  • ⌘(コマンド)を押しながらのスクロールであなたの画像を大きくしたり小さくしたり

 

Mmhmm for Windows

キーボードショートカット

  • Ctrl + N で新しいファイル
  • Ctrl + O でファイルを開く
  • Ctrl + W でファイルを閉じる
  • Ctrl + S でファイルを保存
  • Ctrl + Shift + S で名前を付けて保存
  • Ctrl + D でファイルを複製
  • Shift + Delete で選択されたスライドを削除
  • Shift + R で設定をリセット
  •  /(フォワードスラッシュ)でカメラのオン・オフ切り替え

 

この記事は役に立ちましたか?
62人中55人がこの記事が役に立ったと言っています