mmhmm Studio でプレゼンテーションをプロ仕様に

mmhmm の操作に慣れてきたら、より魅力的なプレゼンテーションを目指しましょう。いくつかのヒントをご紹介します。

目次

スライドのアスペクト比

all_aspect_ratio_labeled_.png

  • 16:9 のスライドを使うとスペースを多く使ってしまうため、プレゼンタを小さくしたり、位置を調整しなくてはなりません。プレゼンタの斜め上にスライドを表示したい場合、1:1 のスライドを使うのがおすすめです。縦方向に長いスライドをつかうのもよいでしょう。
  • 16:9 のスライドを使う場合、フルスクリーンで表示し、プレゼンタの透明度を下げると、スライドとプレゼンタの両方が見える状態でプレゼンが行えます。
  • 例えば、1920 x 1080 ピクセルや 1280 x 720 ピクセルの画像は 16:9 のアスペクト比で、1080 x 1080 ピクセルの画像は 1:1 のアスペクト比です。
  • 文字が含まれる画像などを相手の画面でよりクリアに表示するには、ピクセル(画素)数の多い画像をお使いになることをおすすめします。

Apple デバイスの画面を mmhmm で共有する

connect_ios_device.png

iPhone または iPad をケーブルで Mac と接続すると、「新規スライド」から「この Mac あるいは iOS デバイス」を選択した際に接続したデバイス画面が選択できるようになります。デバイス内のコンテンツをデモしたり、見せたりしたい時に便利な方法です。Airserver といったサードパーティ製品を使えば、お手持ちのデバイスの画面をワイヤレスで Mac に送り mmhmm でお使いいただくこともできます。お持ちのデバイスをミラーリングする詳細については、こちらをご覧ください

ショートカットを活用する

ショートカットを使用することで、インターフェース上での操作に気を取られず、プレゼンに集中することができます。ショートカットの一覧はこちらでご覧になれます。

動画を使用する

動く画像(例えば、アニメーション GIF や、MP4 ファイル)をスライドや背景として使用することで、あなたのプレゼンに視覚的により面白い効果を与えられます。より効果的なプレゼンを目指して、様々な動画を試してみてください。

media_upload.png

新規スライド」ボタンをクリックしてから「メディア」を選択して、画像や動画を取り込みます。

Web カメラから映像を切り取る

camera_zoom.png

グリーンバックスクリーンをお使いで、十分広い範囲がカバーできない場合、カメラメニューの Zoom スライダーを使って、ウェブカメラ画像のグリーンバックスクリーンがある範囲のみを切り取ることができます。グリーンスクリーンをお持ちでない場合も、必要な部分のみを使いたい時に便利です。

 

ご質問に対する回答が見つかりませんか?技術的な問題がある場合、またはこのマニュアルの内容についてご提案がございましたら、ここをクリックしてサポートリクエストを送信するか、help@mmhmm.app までメールをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
116人中99人がこの記事が役に立ったと言っています