mmhmm で macOS Sonoma のビデオエフェクトを使用する

macOS Sonoma(14.0)には、mmhmm で使えるさまざまなビデオエフェクトが含まれています。これらの機能には、リアクション、センターフレーム、ポートレートモード、スタジオ照明などがあります。

注 : ビデオエフェクトをオンにすると、ビデオ通話中に背景のスライドがぼやける場合があります。詳細は「Zoom、Google Meet、Microsoft Teams でスライドが表示されないか、ぼやけて表示される」を参照してください。

以下の手順でこれらのエフェクトを mmhmm で使用できます。

  1. mmhmm を開き、カメラがオンになっていることを確認します。mmhmm ステージに自分自身の姿が表示されるはずです。
  2. メニューバーにカメラが使用中であることを知らせるビデオアイコンが表示されます。ビデオアイコンをクリックしてカメラの設定を表示します。

    注 : macOS Sonoma では、各ビデオアプリケーションにそれぞれビデオエフェクトを適用できます。ビデオエフェクトを mmhmm に適用するには、「ビデオ」メニューの mmhmm タブをクリックします。
    sonoma camera effects menu.png
  3. 使用したいビデオエフェクトを選択します。ポートレート、スタジオ照明、リアクションから選択できます。複数の効果を同時に使用できます。

    Sonoma camera effects mmhmm.gif
  4. ビデオエフェクトを mmhmm に適用し、mmhmm を他のビデオ会議アプリ(Zoom など)に接続すると、効果が通話中のビデオに表示されます。

ご質問に対する回答が見つかりませんか?技術的な問題がある場合、また、このマニュアルに追加したい内容の提案がある場合は、サポートリクエストを送信するか、help@mmhmm.app までメールでお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?

We use your feedback to improve our help content — thank you!